テーマ:

EOS M6の電子ビューファインダーを買ってみた

昨年買ったCANONのミラーレスカメラEOS M6はなかなかいい買い物だった。 コンパクトで軽い。そして、なにより一緒に買ったレンズ(M11-22mm)がよかった。 M6はAPSサイズなので、フルサイズに換算すると17~33mm相当になる。 しかも、最短撮影距離が15cm。野草撮影で被写体に十分寄ることができる。 この組み合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

旧年中は当ブログをご覧いただき、ありがとうございました。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 花の写真関係はHPに集約した関係もあって、こちらのブログはすっかりデジモノやカメラ関係のブログになってしまいました。昨年は更新も滞ってしましました。 少しづつではありますが更新しますので、たまに見に来てやってください。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

写真集のご紹介 「世界植物記 アジア・オセアニア 編」 木原浩氏

植物写真家 木原浩氏の写真集「世界植物記 アジア・オセアニア編」(平凡社)が発売された。 世界植物記 アジア・オセアニア編平凡社 木原浩 Amazonアソシエイト by 2年ほど前に同氏の、「世界植物記 アフリカ・南アメリカ 編」(平凡社)が発売されたことをブログに書いた。 http://51793712.at.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真集のご紹介 「世界植物記 アフリカ・南アメリカ 編」 木原浩氏

植物写真家 木原浩氏の写真集「世界植物記 アフリカ・南アメリカ 編」(平凡社)が発売された。 世界植物記: アフリカ・南アメリカ編平凡社 木原 浩 Amazonアソシエイト by いがりまさしさんのメーリングリストで、特別販売の案内を1月初めにいただいた。 尊敬する木原浩さんの写真集なので、是が非でも買わなくては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマホで野の花を撮る No.7 ”タンポポを撮る”

ようやく冬も終わりを迎えつつある。 ふと気づいたらタンポポが咲いていたという時期ももうすぐだ。 いいなと思っても、そんなときにたまたまカメラを持っていることはまずない。 でも、スマホや携帯は持っているだろう。 ということでタンポポを題材にスマホで撮影してみたい。 タンポポをよく目にするのは道路の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

旧年中は当ブログをご覧いただきましてありがとうございました。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 昨年はちょっと足踏みをする年となりました。 こちらのブログも、スマホで野の花を撮るというシリーズを始めたものの、更新も滞ってしまいました。 野の花を撮り始めてからかれこれ30年余にもなるのに、自分の作風はこれで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマホで野の花を撮る No.6 作例(夏の伊吹山)

8月初旬から中旬にかけて伊吹山は一番華やかな時期を迎えます。 黄色のメタカラコウに始まり、ピンク色のシモツケソウ、白色のフジテンニンソウなど順番に大きな群落を作ります。 ほかにも規模は小さくとも、いろいろな花が咲き、彩りを加えてくれます。 私が訪問したのは8月初旬。メタカラコウが見ごろを迎えた時期でした。 天候は濃い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマホで野の花を撮る No.4 作例(春の伊吹山)

更新がすっかり停滞気味。書こうと思っていた記事が難しくて筆が進みません。 自分の気分転換の意味も含めて、土曜日に訪問した伊吹山の作例を紹介します。 スマホで野の花を撮る際のポイントを織り交ぜながら書いてみようと思います。 今回は今年になって初めての伊吹山訪問です。 今はニリンソウが咲き乱れる時期です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマホで野の花を撮る No.2 ”もう一歩花に近づこう”

野山を歩いていると、ところどころで ”あっ、きれいだな” と思う花に出会います。 心浮かれる瞬間です。 そんなとき、写真に残しておきたい、誰かにこんなのが咲いてたよと見せたいと思うのが人情です。 早速、スマホを取り出してパチリ。 でも、撮ったときはちゃんと撮れたと思っても、帰ってもういちど見てみたら意外と花が小さくしか写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新連載開始 スマホで野の花を撮る No.1

スマホ(携帯電話)が生活に欠かせない道具となって久しい。 携帯電話にカメラが搭載されたのは10数年前だったように思うが、その当時に比べて携帯電話のカメラはかなり進化した。 最初は小さな画像で画素数も少なかったが、最新機種ではコンパクトカメラ並み(下手するとそれ以上)の性能になっている。 パソコンの画面やテレビで鑑賞したり、L版…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

岐阜市梅林公園

今年もウメが咲く季節になった。昨日、梅林公園を訪ねた。 この季節に2年前から来ている。 ●昨年の記事 http://51793712.at.webry.info/201303/article_3.html 今年の様子はというと、咲いてはいるが咲いている花はちょっと古くなっている感じだった。 たぶん、一時期暖かく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セツブンソウ

昨日奥三河へ出かけた。第一目的はセツブンソウ。 いろいろな方がブログでセツブンソウが咲いたことを載せられていた。 先週は諸用で出かけられなかったので、今週は出かけたい、出かけないと終わってしまうかもと思っていた。 そこに土曜日は雪になるという予報。 さて、どうするか悩んだ。 雪が積もるとセツブンソウは埋もれてしまっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 今年は少し新しい場所や分野へ足を踏みだそうかなと考えています。 よろしければ今年も当ブログをのぞきに来てやってください。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

街なかの紅葉

11月も残り1週間となった。当地方では街なかの木々も紅葉が見られるようになってきた。 そんなちょっとした紅葉をぶらぶらと探して歩いた。 朝日に映える紅葉。太い幹のシルエットが印象的だった。 そんな大木にはノキシノブが生えていた。秋の寒さと水分不足のせいか、縮れ気味で夏の元気さはない。 葉を落とした枝に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治部坂高原という場所

白馬~鬼無里~奥三河を巡った旅を紹介する3回目。 鬼無里から三河へ向かう途中、今日のねぐらを探していた。 車中泊なので車が停められればどこでも良いのだが、全く人気のないところはちょっと怖いし、かと言って頻繁に車が出入りする場所はうるさい。 153号線は初めて通るので、検討がつかない。 どこかいいところは、ないかな...。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼無里の紅葉

白馬~鬼無里~奥三河を巡った旅を紹介する2回目。 今回は鬼無里の紅葉を紹介したい。 鬼無里はなんといっても春のミズバショウで有名な場所。 80万本ともいわれるミズバショウが一面に咲く光景は圧巻である。 このミズバショウが咲く場所(奥裾花自然園)はブナの原生林が広がる場所でもある。 ミズバショウの季節には訪れたことはある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラサキセンブリが咲いたよ

白馬~鬼無里~奥三河を巡ってきた。名古屋を起点に大きな三角形を描く形だ。 まず、今回は三河のムラサキセンブリから。 ムラサキセンブリは遠い昔に見たことはあるが、いつどこでだったか思い出せない。(最近こういうパターンが多いなあ) 今回、ムラサキセンブリが咲くという場所を訪れた。 ちょっとした山を登るとあった…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やはり、すごくいい奥三河 Part.3

Yさんにご案内いただいた奥三河撮影行も最後となる。 場所はそれぞれ異なるが、いろいろ見られた花達をまとめて紹介したい。 まずは、ウメバチソウ。 以前はユキノシタ科だったが、新しい分類ではウメバチソウ科になったようだ。 細い茎の先に2cmほどの白い花をひとつつける。ハート型の葉も一枚のみで、なんとも端正で可愛らしい花だ。 秋口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり、すごくいい奥三河 Part.2

前回に引き続き、Yさんにご案内いただいた奥三河の撮影行を紹介する。 今回はセンブリ。 センブリは日当たりの良い山野の草地に生えるリンドウ科の二年草。 薬草として有名で、胃腸虚弱、下痢、腹痛などに効くとのこと。 苦いことでも有名で(千回振り出しても(煮出しても)苦い)、センブリに含まれる苦味成分のひとつアマロス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり、すごくいい奥三河 Part.1

昨日、今年知り合いとなることができたYさんのアテンドで奥三河をご案内いただいた。 以前にも三河は自然があふれるいいところと書いたが、今回はますますその思いを強くする撮影行となった。 3回くらいに分けてその様子をご紹介させていただこうと思う。 まず今回はダイモンジソウ。 名前の通り花が大の字に見えるユキノシタ科の花。この時期に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPhoneで撮る 栂池自然園の紅葉

昨日はデジイチで撮った栂池自然園の紅葉の様子を紹介したが、今回はiPhoneの写真で綴ってみたい。 まずは行きのロープウェイの車窓からみた光景。自然園にほど近い場所だが、まだ緑も多く残っている。 後立山の山々が綺麗に見えた。 自然園の入り口。この瞬間は白馬岳が見えていた。 この段階で素晴らしい紅葉が見え、ワクワク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栂池自然園は紅葉真っ盛り

僕の住む東海地方ではここのところ10月らしからぬ暑さが残っているが、山の上は着実に秋が進行している。 栂池自然園も例年どおり紅葉の時期を迎えた。 今年の紅葉は?というと、栂池自然園に関して言えば3年ぶりの美しさだ。 2年前は紅葉の前に葉が枯れて散ってしまい悲惨な状態だった。 去年はそれほどひどくはなかったが、良くもなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミゾソバ

今回も2週間前の白馬の湿原から。 この日はミゾソバがすごい勢いで咲いていた。 ミゾソバは名前の通り溝のような湿った場所に生えるタデ科(蕎麦の仲間)の花。 多くの小さな花が集まって丸くなっている。この玉は直径1cm少々なので、1個1個の花は数mmと小さい。 ひとつの玉の中で花弁が開いている花は意外と少ない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

再度 iPhoneで撮るヒガンバナ

今日は午前中通院のため休みを取った。 少し時間があったので、先々週末に出かけたヒガンバナの咲く場所を再訪した。 さすがに見る影もない状態の花が多かったが、一部にちょうど見頃の花も残っていた。 稲刈りを間近に迎えた田んぼをバックにしたヒガンバナはいかにも秋という感じがする。 アゲハチョウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メナモミとコメナモミ

前回に続いて2週間前に訪れた白馬の湿原の花の紹介。 今回はメナモミとコメナモミ。 全体の割に小さい花を茎の先端に多数つける。 真ん中の黄色い花の周りに5本程度の突起物が伸びている。 さわってみるとベタベタする。拡大してみてみると、粘液を出す腺がいっぱいあるのがわかる。 花が終わって種になると、このベタベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツリフネソウとキツリフネ

2週間前の話で恐縮だが、白馬方面の湿原を巡ってきた。 ツリフネソウとキツリフネがたくさん咲いていた。 両者とも金魚がぶらさがったような独特の形をしているので、1回見ればすぐに覚えることができる。 命名は花を船に見立てたもの。 これもたいへん合点がいく命名でなるほどなあと思う。 茎が途中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPhoneで撮る今年のヒガンバナ

お彼岸がやってきた。今年もそれに合わせたようにヒガンバナが咲いた。 その正確さには毎年驚かされるのだけれど、実はちょっと違う。 (伊吹山の麓で撮影したヒガンバナ。秋の空がよく似合う。) 昨年、一昨年は彼岸の一週間後か9月末ころが最盛期だった。 秋分の日に見に行ったらまだ全然咲いていなくて、一週間後に再訪し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPhoneで撮る秋の伊吹山 (2)

台風が過ぎ去り、すっかり秋めいてきた。そんな秋の伊吹山に咲く花々をiPhoneで撮ってみた。 前回はデジイチのメモリカードを忘れて仕方なくiPhoneで撮影したわけだが、今回はデジイチの準備はバッチリ。 ではなぜiPhoneで撮影したかというと、デジイチで撮影するほどの被写体が結果として少なかったから。 一週間前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPhoneで撮る秋の伊吹山

伊吹山は、もうすっかり秋の花に変わっていた。しかも、今日は時折雨が降る天候。 霧の中の秋の花たちをiPhoneで撮ってみた。 と、少しかっこつけて書き始めたものの、なぜiPhoneで撮ったのかというと、一眼のメモリーカードを忘れたから。 出かける前に電池があることは確認したけれど、カードがな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醒ヶ井のバイカモ

ここのところ天候が不順で、山は大雨の危険性もあるので、手軽に行ける場所として醒ヶ井のバイカモを見に行った。 バイカモ(梅花藻)は、清流に生えるキンポウゲ科の水草で、初夏から初秋にかけて白い花を水中に咲かせる。 花がウメの花に似ることに、その名が由来する。 滋賀県の醒ヶ井(さめがい)に流れる地蔵川はバイカモが咲くこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more