テーマ:花撮影日記

栂池へ Part2

先週の土曜日に栂池へ行ってきました。今年2回目の訪問です。 前回はミズバショウが最盛期で、ほかにはほとんど草もなく、湿地面がしっかり見えていました。しかし、今回は一面、草の緑に覆われた状態。たった2週間しか経っていないのに、生育の早さにびっくりです。 ミズバショウもすっかり葉が大きくなっていて、これまたびっくりです。(まだ一部に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

栂池へ

昨日、栂池自然園へ行ってきました。お目当てはミズバショウです。 栂池はここのところ荒れ模様で、木曜日は大雨、金曜日は強風でゴンドラも運休。僕が訪れた土曜日も朝からけっこうな雨でした。夕方まで降ったり弱まったりの繰り返しでした。 朝には雷雲が発生し、ゴンドラも一時運休。(ゴンドラを待っていたらバチッという音と、ケーブルあたりか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伊吹山へ

昨日伊吹山へ行ってきました。天気予報は昼から雨ということなので、9時ころには山頂駐車場に。 でも、歩き出すと間もなく雨が...。 カッパと傘で何とかしのぎつつ、撮影してきました。 ちょうどクサタチバナとグンナイフウロが最盛期でした。 初夏の陽を受けた姿も良いのですが、雨に濡れる姿も素敵でした。 やはり、雨の日には雨の日にし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

親見湿原へ

前回の更新から2か月以上経ってしまいました。 いろいろと忙しくてすみません。そんな中、長野県の親見湿原へ出かけてきました。 梅雨真っただ中ですが、ちょうどカキツバタとサワオグルマが見頃でした。 カキツバタの紫色と、サワオグルマの黄色とが見事なコント…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お久しぶりです

前回の更新から3か月が経ってしまいました。 この地方では桜も五分ほど咲いており、すっかり春本番といった感があります。 しかし、喜んでばかりもいられません。東日本大震災に見舞われた方々には心よりお見舞い申し上げます。 私の方もこの3か月いろいろとありました。妻が入院し、家事に追われる日々です。 ちょうどふたりの子供の卒業、入学…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伊吹山はリュウノウギク真っ盛り

先週の土曜日に伊吹山へまたしても行ってきました。今年5回目になります。 頂上付近はリュウノウギク三昧でした。 10月も半ばとなり、秋の花も終盤を迎えるころとなった。さてどこへ行こうかと迷った。 まず頭に浮かぶのは手頃で楽な伊吹山(ドライブウェイ代は高いが)。でも、霊仙山のリベンジもしなければいけないか。うーん、体力が...。と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

”あかまんま”ことイヌタデ

先週栂池の帰りに立ち寄った親見湿原近くの田んぼのあぜ道に大きな群落があった。 イヌタデは秋の花の定番のひとつ。田んぼのあぜ道や空き地など、いたるところで見ることができる。なぜか最近タデ科の紹介が多いが、これもタデ科。 ”あかまんま”という別名があるが、これはこの花や実をバラバラにして、おままごとでご飯の代わりに見立てて遊んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地衣類は不思議な共生生物 サルオガセ

先週、栂池へ行った際、ゴンドラリフトからロープウェイへの乗り換え地点である栂の森でサルオガセをみつけた。 見つけたといっても探し回ったわけでもなく、ゴンドラリフトを降りてすぐのところにあったので、簡単に目に入ってきた。枯れたような樹の枝から、巨大なクモの巣が垂れ下がっているよう様子を、なんじゃこりゃと思って見ていった人もいたことだ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

イシミカワ タデ科4兄弟?

前回まで派手な紅葉を紹介してきましたが、今回は一気に地味なイシミカワです。 先週栂池へ行った後、親見湿原に立ち寄った。姫川源流にある親見湿原はミツガシワやサワオグルマ、サワギキョウなどの花が咲くことで有名。しかし、晩秋のこの時期はあまり花のことを聞かない。どんなものがあるのか見ておこうと思い、立ち寄ってみた。 湿原はすっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栂池は紅葉真っ盛り (3)栂の森

栂池スキー場から栂池自然園へ向かうゴンドラリフトからロープウェイの乗り換え地点にあるのが栂の森。 前々回より栂池自然園の紅葉を紹介してきたが、実は自然園に着く前に、栂の森駅でも素晴らしい紅葉が広がっていた。 ゴンドラリフトを降りてからロープウェイの駅まで5分ほど歩くのだが、リフトを降りてすぐ正面の森に紅葉が広がっていた。 当日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栂池は紅葉真っ盛り (2)草紅葉

前回のブログに続いて栂池の紅葉をご紹介します。前回の最後に「明日に続きます」と書きながら遅くなってしまい、申し訳ありません。 前回は風景写真が中心でしたので、2回目の今日は草紅葉を中心にご紹介します。 3連休の2日目は雨が残るとの天気予報だったこともあり、人出は多かったものの意外と少な目だったようにも思う。それでも昼頃には、ツア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栂池は紅葉真っ盛り (1)

きのう栂池自然園へ行ってきました。紅葉がとてもきれいでした。真っ盛りの時期に出会えたのではないかと思います。 栂池自然園は白馬岳山麓にある高層湿原。春(6月ころ)のミズバショウから始まって、夏の高山植物群、秋の紅葉と、素晴らしい自然が堪能できる。15年ほど前だったか、ロープウェイができてアクセスもかなりしやすくなった。 栂池から…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

かなり遅めのミソハギ

先週訪れた岐阜市の湿地にミソハギがあった。本来の花期は7~8月なのでかなり遅くまで咲いていることになる。これも猛暑の影響だろうか。 ミソハギ科に属するこの花は、湿ったところに生えていることが多い。ちょうどお盆の頃に咲くこともあり、仏花として使われることも多い。私も小さいころに行った田舎のおじいちゃんちでも、仏花に使っているのを見た…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キクイモ 雰囲気の違う写真を二組

今日は鮮やかな黄色い花をつけるキクイモです。この季節黄色の大きな花は青い空に映えます。背丈も大きいものでは3mほどにもなります。 キクイモの名は花がキクに似て、芋ができることから。この芋は戦時中は食料や飼料に利用されたとのこと。芋にはイヌリンという多糖類が含まれていて、最近は健康に良い(腸内細菌の活性化など)とも言われている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実りの秋

昨日紹介したシモバシラを撮影した場所に、オナモミとタヌキマメの実があった。そして、さらに...。 朽ちた切り株にびっしりと生えたキノコ。かなり立派だ。でも、キノコは不勉強で名前がわからない。雨に塗れているため反射してヌメヌメしているように見えるが、ナメコではないだろうし。どなたかご存知の方は教えてください。 おいしそうに見え…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

初めて見たシモバシラ

シモバシラはそれほど珍しい花ではないらしいのですが、私は今までで初めての遭遇だと思います。少なくとも撮影したのは初めてです。 冬になると枯れたこの茎の根元に霜柱ができるのでついた名前とのこと。茎が枯れたあとも、導管を伝って吸い上げられた水が凍って霜柱になるそうだ。その様子は実際に見たことはないが、一度見てみたいものだ。でも寒い朝だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブラン ランではなくユリの仲間です

先日訪れた伊吹町でうろうろしていて見つけた空き地のヒガンバナの群落。その横にヤブランが咲いていました。 まだ新しい花穂だったため、写っている多くはつぼみで(丸い玉状のもの)、咲いているのはまだ一部だった。でも、ヤブランを撮る機会は久しぶりだったので、撮影した。 ヤブランは野山の日陰に生えているが、目にする機会は庭や公園などに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撮りにくいミズヒキに挑戦

先日、地味なタデ科類やクサコアカソを紹介しましたが、今日も地味なミズヒキです。これもタデ科です。ミズヒキは夏~秋の山野の藪でよく見かける定番の花です。 いつも見かけるだけに、いつか撮らなくてはと思っていたが、これが最強に難しい部類に入る被写体で、なかなか撮れずにいた(撮る気にならずにいたの方が正しいかも)。 数十cmになる花穂に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンデジでぶらり散歩撮影

普段は花の撮影には、デジタル一眼と三脚を持ち、よしやるぞと気合いを入れて出かけるのですが、コンパクトデジカメだけで散歩しながら、撮影してみました。見られる方も、今日のブログはおまけみたいなつもりでご覧ください。 コースはこの夏、トレーニングコースとしてウォーキングと一部ランニングをしてきた河川敷(週2回くらい)。家から河川敷まで約…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ヒガンバナ Part2

岐阜県羽島を車で通ってみた。水郷の地だけに田園が広がっている。ヒガンバナを探してみた。 先日、ヒガンバナは伊吹町で撮影したが、もう少し柔らかい光線状態で撮ってみたいと思っていた。 羽島なら田んぼもあるし、ヒガンバナもあるだろうと思い車を走らせて見た。しかし、意外と田んぼの畦にはほとんどない。まとまって咲いていたのは用水の土手と、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地味だけど意外にきれいだったコアカソ

先日、地味目だけどよく見るときれいなタデ科の花ををいくつか紹介しました。今回のコアカソはそれに匹敵する地味さですが、撮ってみたら意外にきれいでした。 今回の写真は先日茶臼山周辺で撮ったもの。開けた林の中の、やや湿った場所に生えていた。 柔らかい印象が素敵だったので、カメラを向けた。 クサコアカソはイラクサ科の植物で、よく似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アキノキリンソウ ところ変わると印象も変わる

アキノキリンソウは秋を代表するキク科の植物です。夏から秋にかけて山地で頻繁に見ることができます。 上の2枚の写真は9月中旬に伊吹山で撮影した写真。比較的ずんぐりした姿をしており、花が頭部に密集している。 一方、下の3枚目の写真は先週茶臼山周辺で撮影した写真。ミゾソバに混じって咲いていた。ひょろっとした姿で、花も上から下までま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツリフネソウとキツリフネ

今年は8月頃からツリフネソウとキツリフネが撮りたくて仕方がなかった。理由は自分でもわからない。好きで好きでしょうがないというわけでもない。なぜか夜中に突然、いなりずしが食べたくなるのと同じかもしれません。 先日大平街道へ出かけた目的のひとつも、ここを知るきっかけとなったブログにキツリフネが紹介されていたから。しかし、両者ともそれほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒガンバナ 今年は彼岸から少し遅れ気味?

先週、奥三河へ出かけたことを書きましたが、目的のひとつはヒガンバナが咲いていたらラッキーというものでした。しかし、結果は一株もなし。 例年だと彼岸の前から咲きはじめ、彼岸の頃に見頃となるのですが、今年は猛暑の関係でさすがの”彼岸”花も遅れ気味みたいです。 前もいつだったか猛暑の年に遅れたことがあったので、今年は遅れるだろうなと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ママコノシリヌグイとオオイヌタデ

9月24日にミゾソバとアキノウナギツカミを紹介しました。 その際、ママコノシリヌグイを名前だけ紹介し、写真がありませんでしたが、昨日伊吹山のふもと周辺をうろうろした際、撮影しましたので、紹介します。 下向きに生えたトゲが鋭く、触ってみると結構痛いですし、知らずに歩くとズボンに引っかかります。花はけっこうかわいいのに...。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定に自信がないけど ユウガギク?

昨日のブログで書いたように同定に自信がありません。間違っていたら賢者の方、ご指摘をお願いします。 この季節、いろいろな野菊が、野山や海岸で咲きほこる。 でも、あまり野菊は同定に自信がない。今まで秋は何故か忙しく、出かける頻度が春夏に比べ少なかった。そのため行く場所もメインフィールドである伊吹山や鈴鹿山脈に集中してしまう。となると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノコンギク 秋にはキクがよく似合う

面ノ木で出会ったノコンギクです。 この時期、野山でよく目にする秋の野菊です。 薄青紫色の花弁がとてもさわやかだし、中心部の黄色とのコントラストも素敵だ。 上から撮った写真では、花弁が半分しかないものがあるが、散ったあとではなく咲きかけ。花弁が中華料理を食べるときのレンゲのような形で広がっていくのが面白い。 秋にはノコンギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミゾソバとアキノウナギツカミ

茶臼山近くの湿地で出会ったミゾソバと、面ノ木にあったアキノウナギツカミ。 ともに花は小さいが、よく見るとピンク色でかわいい花である。ともにこの季節、野山の湿ったところでよく見ることができるタデ科の植物である。 ミゾソバは生育場所によって花の色に濃淡があるが、ここのミゾソバはハッとするほど色が濃かった。これほど色が濃い株は初めて見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋にゆれるマツムシソウ

先日奥三河方面へ出かけてきました。ほぼ初めての場所とあって、この時期どこにどんな花が咲いているかよく知らないまま、気の赴くままうろうろしてきました。 出かけたのは茶臼山と、名古屋から見てその手前にある面ノ木峠周辺。 行くだけでも結構時間がかかるので、前日の夜に移動し、稲武あたりで車中泊した。 途中にある稲武野外教育センターは小…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

大平街道をドライブ (木曽と信州とは遠かった)

1週間前の話になりますが、大平街道へ行ってきました。 大平街道は伊那谷と中山道の妻籠宿を結ぶため、飯田藩によって建設された街道です。 ネット上で知り合ったkatsuさんのブログに紹介されていたので、ぶらりと行ってみることにしました。 大平街道についてはkatsuさんのブログに、詳細が書かれているのでご参照ください。 http…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more