みむのいつでも夏休み日記

アクセスカウンタ

zoom RSS EOS M6を買ってみた

<<   作成日時 : 2017/07/09 19:29  

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

画像


最近、ミラーレス一眼が人気らしい。
一眼レフと比べ、コンパクトで軽量、その割に画質は充分、レンズが交換できるからスマホ写真と一味違う写真が撮れるなどの点が女性を中心に支持されているようだ。
たしかに、一眼レフを首から下げているとなにか仰々しいが、ミラーレスだとおしゃれに見える。
ちょっと前まではミラーレスはAFが遅いと聞いていたが、最近は一眼レフと大差ないところまできているようだ。
動画も4K撮影できる機種もある。手ブレ防止機能が優秀なことなど、動画に関しては一眼レフよりも使い勝手がいいとも聞く。
となると、一眼レフでなくてもいいんじゃね?と僕も思う。

でも、天邪鬼な性格のため、”僕は一眼レフ(フルサイズ)でいくもんね” とあまり気にしないことにしていた。
といいつつ、最近はiPhoneで撮影することも多くなった。気軽に撮れるし、画質も小さいサイズで見る分には十分だ。それと、iPhoneでしか撮れない撮り方があるためでもある。
iPhoneのレンズは裏面のすみ(側面から約1cmのところ)にある。そのため、iPhoneを地面に押し当てると地上高1cmからの撮影ができる。背の低い花を下から仰ぎ見る、または目線を合わせた写真が撮れる。
この地上高1cmからの撮影は一眼カメラややコンパクトカメラではできない。カメラを地面に押し当てても、レンズの中心は地上高数cmになってしまうから。穴を掘ってカメラを入れる手はあるがやる人はいないだろう(たぶん)。

さて、ではなぜ今回ミラーレスを買ったのかというと、やはりミラーレスでなければ撮れないものがあるから。
正確に言うと、フルサイズ一眼レフよりAPSサイズ(またはそれ以下のサイズ)のミラーレスのほうが得意な場面があるから。
それはどういう場面かというと、小さな花の群落を手前に入れつつ背景までピントがあったパンフォーカス写真。
センサーサイズが小さくなるほど被写界深度(ピントが合う奥行方向の範囲)が深くなる。フルサイズではf16とかに絞らないと手前から奥までピントが合ったように見えないのだが、小さいセンサーサイズのカメラだとf11も絞れば十分にピントが合う。
これは花のような小さな被写体に近寄って撮る場合に顕著になる。フルサイズでは、もともと被写界深度の深い広角レンズでも、被写体に近寄って撮ると絞り込んでもバックがボケてしまう。物理的な問題なのでなんともしようがないし、バックをぼかしたいときもあるので、それはそれでいいのだが、バックもキリッとさせたいときになかなかキリッとならない。

先日、僕の所属するフォトクラブでメンバーの方々の素敵な写真を拝見した。広角レンズで、小さな花の群落をアップ気味に撮影しながらも、バック(環境描写)がキリッと写っている。「ああ、僕もこういう写真が撮ってみたいな」と思ったのがきっかけ。

きっかけはそういうことだが、何を買おう? APSサイズカメラ(一眼レフもあればミラーレスもある)、フォーサーズ(ミラーレス)、オリンパスTG-5(コンパクトカメラ)...。メーカーもキヤノン、SONY、オリンパス...。ちょっと悩む。画質的にはセンサーサイズは大きい方がいい。でも、大きくなればキリッとしなくなる。バランスを考えるとAPSかフォーサーズかな...。

ここでもう一度撮りたい写真を考えてみると、広角である程度大きく写せる(最短撮影距離が短い)ことが条件である。まずは、この条件に合うレンズを選ぼうと考えた。
その結果、選定したのはCANON EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM。価格コムのレビューで”神レンズ”とも評されている。コストパフォ−マンスも高い。最短撮影距離も0.15mと短い。
カメラは自動的にEOS Mシリーズとなる。つまり、APSサイズ。よって11-22mmというのはフルサイズ換算約18-33mmになる。広角が苦手な僕にとっては必要十分以上の画角だ。

次はカメラ本体だが、EOS M6を選んだ。EVFが搭載されているM5もあるが、横からしかのぞけないEVFはいらないし(小さな花を撮る際は横からのぞけないから)、できる限りコンパクトなほうがいいということでM6にした。EVFの分、安いし。

実際に購入してみると、意外と重い。重量はM6が390g、EF-M11-22mmが220g、合計610gと一眼レフから見れば信じられないほど軽いのだが、大きさが小さいためずっしり感じるのだろう。
ただ、このずっしり感は作りがしっかりしているようで安心感があるともいえる。


(5DWと並べてみると親子ほどの差がある)
画像


さて、買ったはいいが問題がある。これ以上荷物を重くしたくないのだ。
僕のザックはなぜかいつも大きい。ほかの人より小さかったことはほとんどない。
スペース的にもなにかと入れ替えなくては入れる場所がない。
そこで、ひとまずTS-E17mm F4Lと入れ替えることにした。TS-E17mmは820gなので、M6+M11-22mmのほうが軽い。TS-E17mmの入っていたスペースに余裕をもって入った。


(写真上が現状。右の列の一番上がTS-E17mm。その下のレンズをそこに移し、空いたスペースにM6+M11-22mmを入れた(写真下))
画像

画像



まだ、実際の撮影に連れ出していないので実力の程は検証できていないが、問題がひとつありそう。
液晶が上下方向に傾けられるが、横方向に傾けられない(バリアングルではない)。そのため、縦位置で低い位置から撮ろうとすると、液晶が見にくいと予想される。うーん、どうしようかな、なんとかなるかな?ならんかな。

(バリアングルで思い出したが、EOS 6DUが発表された。キヤノンでフルサイズでバリアングルを初めての採用。5DWを買うのをしばらく待って6DUにしとけばよかったかな。アフターザフェスティバルだなぁ。)

画像


実際の撮影の結果は後日こちらかHPで報告したいと思います。(まずは使いこなせるようにせねば)

僕のいい加減な写真 (^_^;) よりもCANONのHPをご覧ください。
http://cweb.canon.jp/eos/lineup/m6/index.html
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/ef-m/ef-m11-22-f4-56is-stm/index.html


M6にはブラックとシルバーの2色があるが、僕は買ったのはブラック。(ただ単に好み)

【納得の3年保証付き】[キヤノン]EOS M6 ボディ ブラック
三星カメラ楽天市場店
「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載したAPS-CサイズCMOSセンサーを採用し、高精度・高画質


楽天市場 by 【納得の3年保証付き】[キヤノン]EOS M6 ボディ ブラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


↓EVF(電子ビューファインダー)とのセットもある。僕の使い方ではEVFは不要なので買っていない。(上を向くEVFがあれば買ってたかも)



↓神レンズとも評される11-22mmレンズ。コストパフォーマンスもいい。



↓ハンドストラップ。僕は首にかけることはないため付属のネックストラップは邪魔になる。そのかわり、ハンドストラップを別途購入した(カバンから出して撮影する間の落下防止のため用)。



↓アルカスイス互換クイックシューを使っているのでこれを購入。M6にはちょっと大きいが実用上問題はないと思う。
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
お久ぶりです、ミラーレス求めましたか
私は最初のデジカメがパナソニックでした
ので次も同じくパナソニック
「FZ150 LUMIX」にしました。
(2012年頃かな?)
まだ使い慣れて無いのに主人がミラーレス
良いよと「GF6LUMIX」と
レンズ45-150mmを買ってくれました
(2013年頃かな?)
どれも只今勉強中ですその他 iphone・iPad
を利用してます
ちなみに全部 黒です。

HPの方も見せてもらってます素晴らしい
ですね。

たまて箱
2017/08/25 23:08
たまて箱さん、コメントありがとうございます。ご無沙汰しております。
ミラーレスが届いて実物を見たらあまりの小ささにびっくりしました (^_^)
これは女性に人気なはずだわと。
カメラを買ってくださるとは素敵なご主人ですね。
HPもご覧いただいてありがとうございます。更新をかなり怠けてしまっていますが、なが〜い目で見てやってください。オフシーズンになったら次々更新すると思います。たぶん (^_^;)
みむ
2017/08/26 17:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
EOS M6を買ってみた みむのいつでも夏休み日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる