みむのいつでも夏休み日記

アクセスカウンタ

zoom RSS EOS 5D MarkW と Really Right Stuff L型プレート(2)

<<   作成日時 : 2016/12/24 19:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

パッケージを開けてみると、やや重量感のある本体が出てきた。

画像

画像

画像


裏を見ると、Base PlateとL-Componentの2つのパーツがネジ(真ん中の白い大きいネジ)で固定されているのがわかる。(カメラを固定するためのネジは、その下の小さい穴から見えるネジになる)
画像


さて、いよいよ5DWへの取りつけとなる。ネジは六角レンチで締め込む形なのだが、六角レンチはなんと本体に収納されている。
画像



プレート側にマグネットがついていて、六角レンチはそこにくっついて収納される形になっている。磁力は比較的しっかりしているが、はたして持ち運んでいる途中で落ちたりしないか少々不安はある。一般的な六角レンチのようなので落としても買えばいいのだけれど。
6Dでの経験上、そうそうネジは緩んだりしないので最初からはずしておくほうがいいかもしれない。多少の重量軽減にもなる。
画像



L字の左上に来る部分になにやら部品がついている。
画像


ちょうどカメラ本体の左側のストラップリング(というのかな)に位置するので、この部品でストラップリングを挟み込んで固定するようだ。
画像


このパーツのネジを緩めて、ストラップリングの位置に合わせた後、カメラボディの三脚穴にL型プレートを六角レンチで締めて固定する。その後、前記のパーツをストラップリングを挟み込む形で固定する。

画像

画像


画像

画像

画像



取り付けた感じはすこぶるいい。とにかくがっしりくっついている。
さすがに、Really Right Stuff (本当に正しいもの≒ちょうどぴったりな相棒)の名前を名乗るだけのことはある。

6D(KIRKのL型プレート装着)と並べてみると、RRSのほうががっしりしているように見える。これはL-Componentがはずせるようになっている構造のためだ。ただし、構造が複雑な分、重量が増す。

画像


KIRKは底部のみの固定で、ストラップリング部分は切り欠きになっている。つまり、固定は底部の三脚穴のみだったが、それでもがたついたりすることはなかった。
画像


4年近い使用でだいぶ塗装も剥げてきたが、充分機能を果たしてくれている。
画像



RRSに話を戻すと、カメラの左側には各種ケーブルを接続する部分があって、ゴム製の蓋がついている。L型プレートをつけるとどうしても蓋の開け閉めがやりにくくなる。
画像

画像


ゴムの蓋の側面には爪を引っ掛ける溝があるが、L型プレートとカメラの隙間が狭いため爪が届かない(僕の爪では)。爪の長いなら届くと思う。
画像


Wでは、使用頻度の高いレリーズケーブルは前面に移動したので問題ない。小さな改善だけどこれはありがたい。
画像



ところで、L-Componentの部分ははずしてBase Plateのみでの使用もできる。底部のネジを六角レンチではずしてやればL-Componentがはずれる。
画像

画像


さらにL-Componentをとりつけるネジ穴は2つあってこういう使い方もできる。
テザー撮影などでケーブルをつないだまま撮影する場合や、ケーブル類を頻繁に使う人には、左側のクリアランスが大きく開くため便利かもしれない。
画像

画像



Base Plate の右側にはストラップをつける細長い穴がある。
KIRK for 6Dでも同様で、僕はハンドストラップをつけていた。

◆新しい三脚、雲台、クイックシューを導入(3) KIRK クイックリリースクランプ
http://51793712.at.webry.info/201401/article_5.html

RRS for 5DWでもハンドストラップをつけることにした。
ハンドストラップがあると撮影時に安定するし、持ち運び時に便利だったりする。ただし、ちょっと邪魔なときもあるけど。
CANON ハンドストラップ E2を購入。

Canon ハンドストラップ E2 一眼レフ用L ブラック 4991B001
キヤノン
2010-10-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Canon ハンドストラップ E2 一眼レフ用L ブラック 4991B001 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



三脚穴に取りつける丸い部品は不要なので取っ払って、L型プレートとカメラ右上に取りつける。
画像


ハンドストラップの上の金具にネックストラップをつける。
画像


ネックストラップの左端はL型プレートの金具につける。
画像


僕は幅の広いネックストラップは好みではないので、30mm幅のものを使っている。




これでできあがり。
画像


やっと、僕好みの仕様になった。ただし、欠点があるとすれば、L型プレート分、重さが増すこと。
L型プレートの重さはRRSのページを見てもちょっとわからなかった。
最初に秤に乗っけてみればよかったけれど、今となってはストラップをつけてしまったので...。
6D用のKIRK製が120gなのだが、それよりも重い。100g台後半といったところだろうか(あくまで感覚の数字です)。
このセットを持ってまだフィールドには出ていないが、カメラも重くなり、L型プレートも重くなりと、疲れが増すかもしれない。体力を鍛えねば。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
EOS 5D MarkW と Really Right Stuff L型プレート(2) みむのいつでも夏休み日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる