みむのいつでも夏休み日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当の色はどこにある? 第3回 あこがれのプロカメラマンにお会いした頃

<<   作成日時 : 2010/11/27 22:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

1985年に木原先生が「山渓ネイチュア・ブックス3 白馬岳のお花畑」を出版された。
僕が好きな白馬岳の雪解けから晩秋までが、素晴らしい写真で紹介された写真集だ。
このシリーズはほかに、「尾瀬の花」(木原浩氏)、「大雪山のお花畑」(奥田實氏)、「北岳のお花畑」(永田芳男氏)などがあり、いずれもそれぞれの高山植物を季節を通じてまとめた素晴らしい本だ。

何回も白馬岳には通っていたが、あらためてこの写真集を見たときにはまるで違う世界を見ているような気分になった。やはり、圧倒的な量の写真と、写真そのものの持つ力が違った。

画像さらに木原先生は1989年「植物写真マニュアル」(東海大学出版会)を出された。
冨成先生の「野草を撮る」(山と渓谷社)と同じように写真例をもとに、植物写真の撮り方を解説した本である。フィルム時代の本であるが、今でもたいへん参考になる。

ここに紹介した本は、あとからもう1冊を新品や古本で追加購入し、傷んだほうを以前紹介した電子化し、iPadに入れてある。今でも時折(寝る前に)見返しているが、忘れていたことを思い出させてくれる。

その頃は山と渓谷社は野草にかなり力を入れていた。植物図鑑や写真集を次々出版していたし、山渓フラワークラブという花好きな人たちのクラブも作っていた。
会費を払って会員になると、年数回会報が送られてきた。手元には0号(1990年)〜7号(1995年)がある。たしかこれで活動は休止になったと思う。

会報には、日ごろ知ることのできないプロカメラマンの裏話や、植物研究者による植物解説、花の文化史、海外の花の紹介、会員からの手紙や写真の紹介など、小さな冊子だったが内容は濃かった。

画像今をときめく植物写真家のいがりまさし先生を知ったのも、このクラブの会報だった。
当時はまだ講師ではなく、会員として会報のスミレ特集などに寄稿されていた。そのころにはもう素晴らしい写真の腕前を持たれていたし、スミレなどの植物に対する知識や情熱があふれていた。

会報以外の活動として、観察会(撮影会)なども催された。尾瀬や白馬岳、礼文島、高尾山、佐渡など場所も多彩だったが、講師も第一線で活躍されているプロカメラマンの方々や植物の先生方という、たいへん豪華な企画だった。
だが、僕は仕事で忙しく、初回の観察会にしか参加できなかった(1990年4月の南伊豆の観察会)。そのときもなんとか有給をとって参加した。今思えば死んでももっと参加しておくんだったと後悔している。

南伊豆の観察会は、下田の南伊豆国民休暇村に前泊し、翌日休暇村から田牛(とうじ)までの海浜植物などを観察するものだった。講師に木原先生が入っていたので、たいへんわくわくしながら参加した。
前泊した夜には植物研究家の先生方の講演会が開催された。講演の内容はあまり覚えていないが f^_^; 、そのあとに木原先生に写真を見ていただける集いが開催された。
それまでに撮った写真から規定の5枚を厳選して持参し、木原先生に見ていただいた。内心はドキドキである。5枚のうちマムシグサの写真が、これはいいねと言っていただけた。とてもうれしかった。(この写真はいつかできるであろう私のHPに載せたい。でもいつになるかは...。)

画像それに加えて収穫だったのは、先生の写真の原版を見られたこと。
「植物写真マニュアル」に使われていたレンゲやオオイヌノフグリの写真だったが、驚いたのはその切れ味。とてもシャープで、発色も素晴らしかった。同じカメラで撮った写真とは思えなかった。これがプロの写真かと実感した。

観察会のあと、木原先生に「植物写真マニュアル」にサインをいただいた。この本は家宝として大切にとってある。
!(^^)!

またしても、タイトルに近づかないまま次回へ続きます。
(添付した写真は、1枚目は南伊豆の観察会の時に撮ったハマエンドウ。2枚目は山渓フラワークラブの会報。
最後のは「植物写真マニュアル」と木原先生のサイン。サインは全部載せると問題が生じる可能性があるため一部だけ載せました。ご了承ください。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
みむ様 こんばんは
講演会、観察会と熱心に取り組まれてる様子が目に
見える様です。始めて目にとまったタンポポの綿毛
とてもフンワリと温かく、花の最後まで見届ける
みむ様の花に取り組む誠実さ優しさが伝わってきました。
HPもお開きになる準備でお忙しいようですね、好きなこと
をしてるのは「楽しい」の方ですね。
これからも楽しみの邪魔にならぬ様、また伺わせて頂きます
宜しく。


たまて箱
2010/11/30 20:24
たまて箱さん、いつもありがとうございます。
もう20年も前の話です。当時は私も若かったんですねぇ。
HPは...開く開くと書きながらなかなかです。すっかりオオカミ少年状態です。すみません。(誰も期待はしていないとは思いますが)
冬になってネタがないので、昔のことやいろいろを備忘録がわりに書いています。ほかの方にはあまり意味のないことばかりですが、よろしかったら今後も見てやってください。 !(^^)!
第4回をアップしました。ようやくタイトルに近づきました。
みむ
2010/12/01 19:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
本当の色はどこにある? 第3回 あこがれのプロカメラマンにお会いした頃 みむのいつでも夏休み日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる